読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中島みゆきコンサート】至高の道徳の時間に行ってきました(コンサート編)

コンサートが始まるまでの様子はこちら。

コンサートの様子を書く前に、今回のコンサートのセットリストを。

  1. もう桟橋に灯りは点らない 
  2. やまねこ 
  3. ピアニシモ 
  4. 六花 
  5. 樹高千丈 落葉帰根 
  6. 旅人のうた 
  7. あなた恋していないでしょ 
  8. ライカM4 
  9. MEGAMI 
  10. ベッドルーム 
  11. 空がある限り 
  12. 友情 
  13. 阿檀の木の下で 
  14. 命の別名 
  15. Why&No 
  16. 流星 
  17. 麦の唄 
  18. 浅い眠り 
  19. 夜行 
  20. ジョークにしないか

幕が上がると、バンドメンバーがスタンバイしている。ステージ上のセットはシンプルだけれど、おしゃれで落ち着きもあった。一見、バンドメンバーが浮いているようなセットになっている。今回、バイオリン等のストリングス隊もいて嬉しかった。

そして、『もう桟橋に灯りは点らない 』のイントロが始まり、ステージ下手奥から、みゆきさんがゆっくりと現れる。念願の生みゆき。心の中で「おぉーーー!」と叫んでいた。最初からフルスロットルのみゆきさんの歌声にしびれた。

続けて『やまねこ』も歌っていく。こちらも力強い。CDでもカッコ良いなぁと思っていた、サビのみゆきさんの声とコーラスの切れ味がライブでも聴けてとても嬉しかった。

ここで、MCが入る。やはり、歌と普段の喋り口調との違いに驚く。ラジオでも常々思っていたが、みゆきさんの喋りは落語を聞いているようで面白かった。そして、『ピアニシモ』について、曲の背景を教えてくれた。

その経緯を知った上で聴いた『ピアニシモ』は、全く違った聴き心地だった。これぞライブの醍醐味な気がした。「なんて幸せな空間にいるのだろう」と思いながら聴いていた。

『旅人のうた』は、以前からお気に入りの曲でコンサートで歌ってくれて嬉しかった。力強すぎてのけぞりそうだった。

『ライカM4』について、歌う前に曲の背景を教えてくれた。その背景を知って僕が思ったのは、「みゆきさんの曲は誰か特定の一人に宛てて書かれている」ということ。『ピアニシモ』の曲の背景も同様だった。今まで、「こんな人達」のように、もう少し広い枠組みで曲を作っているのかなと思っていたが、そうではなく、「ある特定のこの人」に宛てて、みゆきさんの曲は作られていることが分かった。だから、歌詞もあれだけ深く書けるのかと思った。誰か一人に宛てて作っているけれど、それを聴いて響くのはその一人だけではないのだと実感した。

途中で休憩が入る。今回のライブは1部「sweet」と2部「bitter」に分かれている。1部が終わった後、「すごいもんを観ている」と、ため息しか出なかった。

2部が始まる。いきなり、オールナイトニッポンを再現する形でお便りコーナーが開始された。これは嬉しい。ラジオの様子が再現されていた。いつも深夜3:00から、あのハイテンションでやっているのかと思うと驚愕した。

2部はディープな世界の中島みゆきを味わえた。特に、『友情』『阿檀の木の下で』『命の別名』の流れが特に深かった。

『Why & No』は、CDで聴いている時から「荒々しい…」と思って聞いていたが、ライブではみゆきさんだけでなく、コーラスの方々も荒々しかった。この曲のラストは、コーラスの方々が締めるのだがとてもカッコ良かった。皆さん良い声だった。

2部の最後には『麦の唄』を歌ってくれた。今回のコンサートで一番楽しみにしていた曲だ。おなじみのバグパイプの音から始まる。朝の連続テレビ小説「マッサン」のドラマが蘇る。さらに、『麦の唄』の前の曲まで、みゆきさんは黒いドレスを着ていたのだが、途中で金色のドレスに早変わりする。そう、2014年に出場したNHK紅白歌合戦で着ていた金色のドレスなのだ。紅白を観ていた時の記憶も蘇る。とてもとても良かった。

ここで、本編が終了。そして、アンコールの手拍子が始まる。

それまでドレス姿のみゆきさんから、黒パンツ姿のみゆきさんに変わりアンコールスタート。特に、『夜行』を聴けたのが嬉しかった。高校生の時からとても好きな曲だったのだ。歌詞は切ないのに、あれだけ明るく力強く歌うのが良い。聴き応えがあった。

アンコールラストは『ジョークにしないか』。正直、これがコンサートラストの曲として成り立つのかなと思ったが、十分に成り立っていた。今回のコンサートのお別れの曲としてぴったりだと思った。多分、ここはチームみゆきのまとめ役、プロデューサーの瀬尾一三さんの力なのだろうと思う。今回のコンサート、どの曲もアレンジが力強くて僕好みだった。

『ジョークにしないか』を優しく歌いあげてくれて、最後に会場のお客さんに手を振ってくれて、みゆきさんはステージから袖へ入っていく。そして、バンド、コーラスの皆さんの演奏を最後までしっかりと聴いて、コンサートの幕は降りた。

コンサートが終わった後も、やはりため息しか出なかった。ファンになって良かったと心底思った。

その後、拓さんとコンサートの余韻に浸りながら、飲みに行く。東京国際フォーラム近くの居酒屋さんに入り席に着くと、店内のBGMが中島みゆきソングだった。「この店分かってる…」と思った。

そんなこんなでまったりと飲んだ後、まだまだライブの余韻に浸りながら家路に着く。

素晴らしい一日だった。

そして今回、ライブに誘ってくれた拓さん、本当にありがとうございました!

広告