読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

加油!加油!台湾!ー1日目ー

ゴールデンウィークに台湾へ行ってきた。
5/4〜5/7の4日間。
とても刺激的で楽しかったので、台湾っぷりを紹介したいと思う。

その1日目。

朝、家を出ると雨が降っている。
さらに、風が強く、雲が早送りしているかのように流れている。
「これ、飛行機飛ぶのかな」と心配になる。

出発は成田空港から。
「成田空港まで遠いなぁ」と思っていたが、日暮里から「スカイライナー成田空港アクセス」という特急電車が走っているのを知り、それに乗ったらとても快適だった。

空港に着き、旅行の同行者のぐっちょんと落ち合う。
搭乗チェックインを済ませ、日本円から台湾ドルに両替する。
今回は3万円分両替した。

両替後、Wi-Fiルータを借りに行く。
事前に予約はしていなかったが、運良く借りることができた。

事前にやることを終えて、成田空港をブラブラする。
ユニクロ無印良品もあることに驚く。
無印良品で首まくらを買おうかどうか相当迷ったがやめた。

出国手続きを済ませ、搭乗ロビーまで移動する。
成田空港の搭乗ロビーのハイセンスぶりに圧倒される。

そして、搭乗。

離陸。

機内で映画「オデッセイ」を観る。

とても面白かった。
引き込まれて最後まで集中して観続けた。 
女性船長がカッコ良かった。

映画を観て、機内食を食べていたら台北に着く時間に。
行きは約3時間30分で到着する。

台湾桃園国際空港に到着。

床がピカピカだった。
ちなみに、日本との時差は1時間。

台北市内にはバスで向かうことに。
バスのチケット売り場へ向かう。

早速英語(単語の羅列だけど…)を使用してチケットを購入。
125元。
日本円に換算すると、500円。
4倍すれば、日本円相当額になる。

バスの乗り場まで行くと、バス待ちの列ができていた。
列に並び、バスが来るのを待つ。

15分程待ち、バス来たので乗り込む。

バスの車内。
台北のバスは、フロントガラス上部に表示される、行き先の電光掲示板が大きすぎて、車内からだと、その電光掲示板で前方が見えない。
不思議な感じ。

バスの車内ではよく分からないドキュメンタリーがずっと流れていた。

バスに揺られて1時間。
台北駅に到着。

工事中だったけど巨大だった。

まずは、宿泊先のホテルまで歩く。
台北市内を歩くのだが、台北の街の勢いみたいなのが感じられて、「海外に来た!」っていう気持ちが強くなった。

歩いて30分程でホテルに到着。
宿泊したのは「ニューリバービュースイーツ」
西門駅から車で5分程の位置にある。

チェックイン。
レビュー通り、スタッフの方が親切で良かった。

部屋もとても綺麗だった。
ただ、部屋の奥に謎なスペースがあった。
何の部屋なのか最後まで分からなかった。

部屋で少しゆっくりした後、夕ご飯を食べに行く。
ホテルから西門駅まで送迎バスが出ているのでそれに乗ることに。
バスに乗り込む。
最後に乗ったので、助手席に座る。
ホテルのスタッフの方が運転してくれるのだが、その運転の粗さ(日本に比べれば)に圧倒される。
肩の力が入りっぱなしだった。
「ぶつかる〜」と何度思ったことか。

なんとか、西門駅に到着。
行きたい店を予め見つけていたので、地下鉄「台北MRT(以下、MRT)」で行く。

台北市内は地下鉄が張り巡らされている。
http://www.go-taiwan.net/info/transportaion/map/map-subway/54-map-mrt-taipei.html

台北市内は大抵地下鉄のMRTで乗り継いでいくことができる。

MRTは切符ではなく、トークンというコインみたいなもので乗る。
地下鉄の料金は総じて日本よりも安い。
2〜3駅位であれば日本円で100円以下で乗れるので、台北市内を回る時はとても便利だ。

中山駅というところまで行く。
中山駅台北市の中でも、ブランド店が多く、銀座を彷彿とさせる街だった。

夕飯に選んだ店は「青葉餐廳」。

早速入店し席に着く。
周りの席には日本人もいた。
豚足や麻婆豆腐、青椒肉絲等、頼みたいものを片っ端から頼む。
お腹が空いていたので写真も撮らず、ただただ食べていた。
日本で食べ慣れているものでも、少し味付けが日本と違いとても美味しかった。
台湾ビールも飲んでみた。
日本のビールよりも薄め?なのだが、かえって飲みやすくて、個人的にかなり好みだった。

夕ご飯を済ませた後、夜市に向かうことに。
台北では、各所で夜市が行われている。
今回は、その夜市の中で最大級と言われている「士林夜市」へ行く。

士林夜市にもMRTを使用する。
さっきは切符のトークンを使用したが、ICカード「Easy Card」も使用できるので、そちらを購入する。
トークンよりも2割安くMRTに乗ることができるのでとてもお得だ。

士林夜市がある剣潭駅に到着する。
駅から降りると既に人がたくさん。
さすが、最大級の夜市と言われているだけある。
まずは、その夜市の通りを歩いてみる。

ジーンズ伸びすぎでしょ。

すごい賑やか。

夜市の中にお寺があった。
日本に比べてすごい派手だった。

ぐっちょんは途中でタピオカドリンクを買っていた。

地下街もある。
地上も十分ディープだったが、地下はさらにディープだった。
香辛料の匂いが「アジアッ!」っていう感じだった。

地下街にあるお店でマンゴー入りのかき氷を食べる。

すごい量だった…
ディープ感を堪能し、士林夜市を後にする。
祭りが毎日行われている感じで、台北の勢いが感じられた。

ホテルに戻り、ベッドに横たわると、疲れていたのか即寝で寝落ち。
とても刺激的な1日だった。

1日目はこんな感じ。

広告