読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【中島みゆき『組曲(Suite)』を1曲ずつ聴き込んでいく8】Why & No

11/11(水)に発売された中島みゆき様の41作目のオリジナル・アルバム『組曲(Suite)』。

このアルバムをえらく気に入ったので、1曲ずつ聴き込んでいくシリーズ。その8回目です。

組曲(Suite)

組曲(Suite)

 

今回は『Why & No』。

今回のアルバムの中で一番曲調が激しいこのナンバー。ロックのみゆき様が味わえる。特にサビの

Why & No & No

歌い方が荒々しくてカッコ良い。とにかくこれは聴いてみてほしい。予想以上の荒々しさでみゆき様が歌っている。

歌詞をよく読んでみると、自分の気持ちや主張を抑えてしまいがちな日本人に対して、「そんなこと気にせずに、主張しろやっ!」と、ムチを打ってくれるような歌詞だ。

対してアメとなる歌として、人に気持ちをなかなか伝えられない自分を優しく包み込んでくれる歌もある。39枚目のオリジナル・アルバム「常夜灯」に収録されている『風の笛』という曲だ。

言葉に出せない思いのために お前に渡そう風の笛

言葉に出せない思いの代りに ささやかに吹け風の笛

自分の気持ちを伝えられないことに対して、みゆき様にムチを打ってほしい方は『Why & No』、アメで優しく励ましてほしい方は『風の笛』をおすすめする。

広告